「iPhoneを探す」をオフにしておこう!

別の端末からでもオフにできる

iPhoneが故障してしまったら、修理へ出す前に「iPhoneを探す」をオフにしておくことが大事です。オンになっているとロック機能が働き修理も行えなくなります。紛失時の悪用を防ぐための機能で、所有者本人しかオフにできないのが特徴です。オフにするときは設定から項目を選択していきます。IDとパスワードを入力してサインインできたら、「iPhoneを探す」をタップしてオフに切り替えましょう。タップしてもオフにできないときは、一度サインアウトしてから再度サインインすると上手くいくことがあります。iPhoneが壊れて操作できなくても、パソコンなど別の端末からオフにできるので安心です。すべてのデバイスから故障した端末を選び、指示に従って入力してみましょう。

パスワードを忘れても再設定できる

IDのパスワードを忘れてしまったときは、パスワードを再設定しないと「iPhoneを探す」もオフにできません。設定画面からパスワードの変更をタップし、案内に従って入力していきましょう。アカウントにセキュリティの質問を設定している場合は、正しい答えが入力できないと先に進めないようになっています。パスワードリセットのメールを受け取ったら、記載されている復旧キーを入力して信頼済みのデバイスを選びましょう。デバイスに送信された確認コードを入力し、新しいパスワードでサインインすれば再設定は完了です。パスワードの再設定は最低でも10分くらいはかかるので、修理へ出す前に確認しておくのがおすすめです。余裕を持って準備しておきましょう。

iphone6sのバッテリー交換は、本体の蓋を外してバッテリーを交換するだけなので簡単です。但し、ネジ等の部品が小さくて適した工具も必要だし、作業に不慣れだとネジをなくしたりするので業者に依頼する方が無難です。

© Copyright Best Mobile Phone Repair. All Rights Reserved.